menu

現実でも物語の中みたいな友情を築けたらいいのにな///

Who knows the truth of my words?
Who can understand my mixed feelings?
I can do nothing but make a weak smile...
As if I was in a thick fog, I can't see anything.


和訳を載せようかと思ったけど味気なくなったのでやめたヾ(´▽`;)ゝ
ただの散文ではなく4行詩だと思ってくれた方は私と同類…かな?
押韻と言葉遊びをしたくなるのは英詩を学んだ人間の性だね(笑)


一つの事象について、独りで考えてすぐに判断を下すより、
他人にも意見を聞いて、多角的な見方に気づいて再考した方がより良い判断が出来ると思う。
独りよがりな偏った考えに陥るのは避けたいから、色々な人に話を聞くようにしてるんだ。
感情的になりそうな時は尚更ね。

今の私には、冷静さを欠き、一時の感情で口走る言葉は無い。
たとえ放った言葉が、相手にとって厳しく冷たく突き刺さるような言葉だったとしても。
そしてその言葉をどんな風に相手が処理するか?というのが、関係の深さ・距離を決める基準になる。
傷ついたけど、信じたいと思ったから、「これからもずっと付き合っていきたいと思うから」正直に伝えた、
私の想いに気づくことが出来るか?

しかし、真摯な言葉も、受け入れる準備(聞く姿勢)が出来ていなければ、きちんと伝わらない。
廃墟に吹き荒ぶ風のように空しく響き、相手の心をただ通り過ぎるだけになってしまう。
「信頼しているこの人の言葉を(たとえ自分にとって厳しい内容でも)信じよう」
「お互いに」そう思えるような関係で、スムーズにわかり合える関係が望ましいよね。
「友達」と呼べる関係で一方通行なのは悲しいもの…

何も言わないから傷ついていないわけじゃない。怒っていないわけじゃない。
相手の性格を知ること。相手が発した言葉の意味を考えること。
自分の気持ちをわかってもらいたいなら相手の気持ちも受け入れること。
相手を「自分と対等」だと思うなら、何より「好き」だと思うなら、「自分から」歩み寄ること。

人間関係は難しいけど、試練は「人」として成長出来るチャンスだと思えばOK d(。ゝω・´)
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment