~ 薔薇の美と鳥の自由に憧れる日々 ~

自分の絵や言葉で伝えられる事はごく僅かなのかもしれない…それでも…

ジェノムに優しいクジャ様もいいな///

一度は否定したジェノムたちを、こんな風に思っていてくれてたらいいなって///
テラを崩壊させたのも、自暴自棄になりながらも彼らを自由にするためだったり…?
なんて、クジャ様に色々勝手な妄想持ち過ぎだね私…(〃´・ω・`)ゞ



経過…

彩色経過。
あと少しというところで体調悪くなってダウンした;;
濃い目の補正がかかってるけど、写真の方がスキャンより綺麗に見えるね(・ω・A;)
今回は以前結奈ちゃんから頂いた「アバロン」という水彩紙に描いてみたよ。
これも結構良いかも…

この絵を描いている時のBGMはずーっとMJだったのだけど、
次回完成版をUPする時に、素敵な曲を皆様にご紹介しようかとv


----------------------------------------

涙に濡れて輝く死神の漆黒の翼と、
罪の業火に焼かれながらも生きようとする不死鳥の如き真紅の翼。
今は二色の翼が彼の前に血色の道をつくっていた。
遠い昔、彼の背を離れて遠く旅立ってしまった純白の翼に思いを馳せながら、
クジャは銀色の翼にそっと身を預ける。

「キミの翼は自由に空を飛ぶためのものだけど、僕の翼は違う。僕の翼は…不自由の象徴。
見え ない鎖に雁字搦めにされていてね、飛び立とうとすれば真っ逆さまに落ちてしまうのさ」
力なく微笑むクジャに、銀竜は心の中で答えた。
「いいえ、自分の翼は貴方のためにあるのですよ」


…私にとってのクジャ様は…私の大好きなクジャ様は、
今も昔も銀竜の背に乗って優雅に飛ぶFF9(原作)のクジャ様なんだよね。
最近方々にゲスト出演しているクジャを見かける度、違和感を感じずにはいられない;;
出すなら銀竜とセットで出せばいいのにと思うよ…その方が「敵」としての魅力も増すのにな(*´ー`*人)

自分と同じ目線でクジャを見ている(愛している)方はいらっしゃるのかしらと思う今日この頃…
関連記事

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment