menu

人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患う

やっと一段落着いたーヾ(*´∀`*)ノ
この一週間、旅の計画を立てるためにずーっとまっぷるや時刻表とにらめっこしつつ、
ネットで色々調べものをしていたものだから、目も頭も疲れてしまってね…
仕事の方もお客様が恐ろしく増えてきたから(春節の関係もあるのかな?)絵を描く気力も体力も無くて;;
頭の中にアイデアだけしまってある状態なんだヾ(´▽`;)ゝ
今、旅程が大方決まって、ほっと一安心v
仕事も展覧会の最終日まで乗り切れば、あとは絵を描き放題だから、もう少し頑張る(`・ω・´)ノ
身体のことも考えて、今年は無理しないように仕事出来たらいいな。
…と思うけど、展覧会の予定を見ていたら、そうもいかないのかもしれない;;
でも、今年は絵を優先する。仕事よりも、人付き合いよりも、何よりも。

そうそう、旅の計画というのは、先日言った高山祭のことなのー!!
ツアーで行くつもりだったのが、奇跡的に高山駅から徒歩5分の宿がとれたので///
お祭りの時期に、この立地で朝食付きでこんなに安い宿があるなんてビックリΣ(´д`ノ)ノ
前夜に心が沈み切って泣いていた私に、神様からのプレゼント…なのかしらv
改めて日程を自分で決め直して、奥飛騨で飛騨牛料理と温泉を堪能しつつ、
翌日は朝から晩まで高山祭を見て、最後に白川郷でゆったりとした時を過ごして帰る、と。
往路は東海道新幹線、復路は北陸新幹線を使って、ハート型(?)に移動するよ~(*´艸`)
乗る予定の北陸新幹線が「はくたか」という名前でテンション上がる゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚



「忠告してこれを善導し、不可なれば即ち止む。自ら辱めらるる事なかれ」 (『論語』)

これは子貢が友人との付き合いについて尋ねた時、孔子が言った言葉。
「忠告すべき時は真心を尽くして親切に善い方へ導く。その忠告が聞き入れられなければ、それ以上はやめる。
相手に聞く気が無いのに言い続けて、善意を善意と思われず、自分が嫌な思いをすることが無いように」

ちなみに、タイトルの「人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患う」も孔子の言葉で、
「他人が自分を理解してくれないことを嘆くのではなく、
自分が他人を理解していないことを気にかけなさい」という意味。

私も忠告と言うほどではないけれど、友達だと思っている人には、言うべきことはきちんと言う。
良いことも悪いことも、自分の気持ちはまっすぐ伝えたいから。
相手を傷つけてしまうのは辛いけど、我慢や無理をしたまま人と付き合いたくないんだ。
だけど、これ以上言っても伝わらないと思ったら、諦めて黙って距離を置く。相手が気づいてくれるまで…ね。
私は理解出来ないと相手に何度も尋ねてしまうけど、それで相手を余計に怒らせたとしても、
友達のことを誤解したままでいるよりはずっといい…
自分の言ったことを、相手が受け入れてくれなくても、否定されても構わないのだけど、
ただ、「理解だけはしてほしい」「誤解がないように受け取ってほしい」と切に思う。
誰だって耳が痛くなるような言葉は聞きたくないけれど、私は自分を省みる大事な機会だと考えて、
(最終的に受け入れるかどうかは別にしても)きちんと耳を傾けるように心掛けてる。
自分をより高みに上らせてくれるような人は、優しさと同時に厳しさも持ち合わせているものだから。

「友達関係」って言葉と同じようにキャッチボールじゃない?
どちらかが投げるだけ、受けるだけではなくて、お互いに投げ合って受け合う。だから楽しい♪
お互いに「好き」「会いたい」「友達でいたい」と思わなきゃ。
「相手が好きでいてくれるなら好き」「相手が会いたいなら会う」「相手が友達だと思うなら友達」なんて、
一方的なのは友達とは言わないね、私の中では。
関係が浅いとか深いとか関係なく、「お互いに思い合う」のが「友達」だと思ってる。
だから、自分から「会おう」とか「~しよう」とか、「(積極的に)私を求めてくれる」人が好きだというのは確か。
そういう人には自然に自分も会いたくなるし、一緒に何かしたくなるなぁ。

思うだけでは伝わらないの…時にはきちんと「言葉」として気持ちを聞きたい。
それが「女心」よね(〃´・ω・`)ゞ


遅ればせながらメールありがとうございました(*´ー`*人)
素の写真も多少あるとはいえ、皆様ほとんどクジャコス写真を頼りに私を探されて、
無事に会えるというのが本当にすごい…銀髪と黒髪だと全然イメージが違うと思うのに。
フフ…「白夜さんに会いたい」っていう気持ちが強いのねvV
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment