menu

飛騨高山旅行~1日目・高山巡り&平湯温泉~

東北桜めぐり弁当

毎度お馴染み駅弁から始まる旅。
またまた東京駅の駅弁屋「祭」で購入した「東北桜めぐり弁当」
桜模様の容器も綺麗だし、中身も可愛くまとめられていて、女性にピッタリのお弁当だと思うv

今回は、父と2泊3日(4月13~15日)の飛騨高山の旅!
天外魔境IIをプレイしてから、実際の高山祭をずっと見てみたくてねぇ…(*´ー`*人)
父も行きたいと言っていたので、孝行の意味も込めて連れて行ってあげたんだ。
…で、今回も天気がミラクルなことになったよ!!
旅立つ前日まで、14日(高山祭当日)は雨が降るかも…という予報で、
13日も高山に近づくにつれて雨が降ってきたのだけど……
高山に着いた途端、雨が止んだの!! し・か・も、14日は晴天ヾ(*´∀`*)ノ
夢幻ちゃんの言う通り、私は正真正銘「晴れ女」だった!!!


◆4月13日(水)

往路は東海道新幹線で名古屋まで行き、そこから特急ワイドビューひだで高山へ。
東京から5時間近くかかったのかな。
特急は飛騨川に沿って走っていたのだけど、澄んだ緑色の川がとても美しくて///
まるで鏡のように山々を水面に映していたねぇ。
しかし窓外の景色がずっとどんより曇り空で、岐阜に入ったら雨も降ってきて、
高山祭は少しの雨でも中止になってしまうから不安でたまらなかった…
それが夏日のような快晴になるなんて…私は本当に、旅行運に恵まれているみたい(* ´艸`)

高山駅に着いたら、まずは2日目に泊まるお宿の場所を確認!
1日目はこの宿から出る送迎バスで、同じ系列の奥飛騨の旅館まで行くの。

お宿の目の前に飛騨国分寺というお寺があったのでちょこっと散策。



飛騨国分寺・六地蔵

こんなに大きな六地蔵は初めて見たかも…
六地蔵は六道の世界(地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天上道)を救う菩薩さまなんだって。




飛騨国分寺・三重塔

三重塔
高山はまだ桜が咲いてたよ!



高山に来たからには高山ラーメンを食べようと思い、まっぷるに載っていたお店に向かったのだけど、
木曜休みだから大丈夫だと思ったのになぜかお休みで…(´・ω・`)きっとお祭りの関係かな?;
諦めて別のお店を探しながらさんまち(古い町並み)の方へ。



鍛冶橋・手長  鍛冶橋・足長

宮川には色々な橋が架かっているのだけど、そのうち鍛冶橋には手長・足長と呼ばれる像があって、
それぞれ出雲神話の登場人物である手名椎命(テナヅチノミコト)と足名椎命(アシナヅチノミコト)がモデルらしい。
二人は夫婦で、手長が母、足長が父なのだとか…(*゚ω゚*)




古い町並・福田屋

橋を渡ると、そこはもう昔ながらの町並み。
趣を感じる外観の福田屋は、伝統工芸・飛騨春慶塗の老舗。



建物を見学しつつ歩いていたら、さんまちで寄りたかったお食事処・坂口屋に到着。
お祭りの前日だからか、待たずに入れたよ(*^-^*)


坂口屋・水車で動くからくり人形

店先では水車で動くからくり人形がお出迎え。
箱を開ける度に違う料理が出てくる仕掛けが面白い♪




坂口屋・店内のさるぼぼ人形

店内には黄金のさるぼぼ人形が…!!




坂口屋・高山ラーメン

お待ちかね!高山ラーメンo(*^▽^*)o
あっさり醤油味で食べやすくてチャーシューもやわらかくてとっても美味しかった!!
父も絶賛してたよd(。ゝω・´)


腹ごしらえをした後は、東山遊歩道まで足を延ばすことに。



ぶんねもん坂で見かけた円空仏

途中、ぶんねもん坂で大好きな円空仏を見かけてテンションUP!




東山遊歩道

東山遊歩道は、いくつかのお寺と高山ゆかりの人物のお墓を巡る散歩道。



可愛い絵とありがたいお言葉

私がブログでいつも言っているような言葉だね(〃´・ω・`)ゞ




久昌寺

久昌寺




大雄寺

大雄寺




大雄寺・本堂

本堂




旅立ちの法然さま

旅立ちの法然さま
我ながらお気に入りの1ショットv




大雄寺・十王堂

十王堂

冥界には10人の王がいて、彼らによって死者は罪を裁かれ、来世が決められる。
十王…秦広王、初江王、宋帝王、伍官王、閻魔王、変成王、太山王、平等王、都市王、五道転輪王


この後、「飛騨高山まちの博物館」をぐるっと見て回り(撮影禁止なので写真は無いの;)、
送迎バスに間に合うように、宿の方へ戻ったんだ。
高山は町を歩いているだけでも、楽しいものがいっぱいで飽きないねぇ(ノ´∀`*)



うな信の店先にあるうなぎ像

うな信という鰻屋さんの店先にあったうなぎ像




山桜神社入口・馬頭組若衆の像 恵比寿まねき 馬頭組若衆の像

本町通り、山桜神社周辺で撮影したキャラクターたちv
左右は火消し「馬頭組」若衆・勇の丁次、中央は恵比寿まねき。
(一番右の写真は14日に撮ったものだけど、こちらでまとめてご紹介!)

山桜神社(馬頭さま)の祭神・「山桜」は、江戸時代初期に主君を火事から救い出した実在の名馬で、
その功績により建てられた厩舎の跡が神社になり、鎮火の守護神として崇められているのだとか。



寄りたいお店も色々あったけれど、今は我慢して、
穂高荘・山の庵から出る送迎バスで奥飛騨・平湯にある「穂高荘・山がの湯」へGO!(´ゝ∀・`)ノ

着いて早々、これから台湾人の団体客が来るからと入浴を勧められ、
誰もいない温泉を独り占めした私(* ´艸`) のびのびゆったり気持ちいい~♪
3回入ったのだけど、疲れが取れて、なんとなく少し元気になったような気がする。
そうそう、温泉に入ってからね、(当日以外;)夜眠れるようになったの(◍´◡`◍)
市販薬を飲もうか病院に行こうか悩むぐらい深刻な問題だったから嬉しい///



穂高荘・山がの湯・懐かしき昭和の思い出

浴室に行く途中にあった謎の懐古部屋
夜に再び温泉に入ろうとしたら、例の台湾の方々がこの近辺でくつろいでいたなぁ。




穂高荘・山がの湯・夕食

夕食は飛騨牛料理。自分で焼いたりしゃぶしゃぶにしたりしながら食べるのが楽しかった♪
しかし旅館のお料理は毎回量が多すぎて食べ切れない…(o´・ェ・`o)美味しいのに~><

次回はいよいよメインの高山祭!!
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment