menu

飛騨高山旅行~2日目・高山陣屋&可愛いもの色々~

◆4月14日(木)13時~


琴高童子像

琴高台(きんこうたい)の屋台蔵の前にいる面白可愛いこの子は、「琴高童子」というらしい。
屋台名は中国の周の仙人の一人である琴高が赤い鯉に乗ってやって来るという故事に由来しており、
作者がこの像を老人ではなく生まれたばかりの童子の姿に作ったのは、
不老長生の術を体得していることを表すためなのだとか。
「手には神出鬼没の行動力を示す風車と智恵のお経を持ち」と書いてあったけれど、
風車の方は折れてしまったのかしら…?(´・ω・`)
頭に被っているのは仏のご加護の象徴である蓮の葉っぱなんだって!可愛いv




琴高台・見送り幕

琴高台・見送り幕
琴高の老人ver. 構図が素敵だな~と思って見惚れてた///
(琴高童子と共に比較してご紹介したかったので先の記事には入れなかったの;)



さてさて、さんまちまで戻ってきたのは良いけどどこで食べようか…
色々とお店を探し歩いていて見つけたのは、飛騨そばのお店・「みやび庵



みやび庵・みやび膳

お店の名前が付いた「みやび膳」
(食べている間にどんどん品が追加されていくから中途半端な画像ですみません;)
生わさびとおろし器が付いてきて、自分ですりおろすようになっていたのが新鮮だった。
お蕎麦に塩を振りかけるというのも馴染みのない食べ方だったけど、とても美味しい!
大根おろしと共に頂く出し巻玉子も、思わず笑顔になってしまう美味しさ(ノ´∀`*)




みやび庵・みやび膳(デザート)

そば茶とそば粉のレアチーズ
食べ終わった時、もう1個食べたくなったくらいすっごく美味しかった!!
個人的にオススメなので、機会があったら是非食べてみてd(。ゝω・´)



食事の後、側にあった平田記念館をさらっと見て回ってから、「高山陣屋」へ。


(※以下、高山陣屋内の説明は『まっぷる』を参照)
陣屋とは、役所や裁判所を兼ねた官公庁のこと。
高山陣屋は日本で唯一現存する陣屋で、国史跡に指定されている。



高山陣屋・玄関

玄関




高山陣屋・釘隠しのウサギ

釘隠しのウサギ(真向兎)
ウサギには、民衆の声をよく聞こうという意思と、子宝、火災除けの願いが込められているのだとか。
あちこちにこのウサギさんがいて、代官所なのに何だか可愛いイメージ///




高山陣屋・郡代役宅

郡代役宅




高山陣屋・土間

土間




高山陣屋・大広間

大広間
公式の会議に使われた部屋で、3室に仕切れるようになっており、身分によって入る部屋が決まっていた。
写真は載せていないのだけど、役所として使われた部屋も、身分によって畳の豪華さが違うらしい。




高山陣屋・庭

大広間から見た庭




高山陣屋・御白洲

御白洲(おしらす)・取り調べ室
御白洲は裁判や取り調べが行われた場所。 犯罪者を吟味することから吟味所とも呼ばれる。
部屋の名前は取り調べ室に敷かれた砂利の色が由来。
右の「抱石」は1枚40kgらしい…(((( ;゚д゚)))



蔵の方は撮影禁止だったのだけど、8つの蔵にはそれぞれ当時の様々な資料が展示されていたの。
年貢の米俵が沢山積んであった部屋は圧巻だった!
一部屋に約2000俵の年貢米が収納出来る広さだって…すごいねぇ(*゚ω゚*)



陣屋を出た後は、お土産購入タイム~ヾ(*´∀`*)ノ
まずは宿儺カボチャの三ツ星プリン専門店「ル・ミディ」でカボチャプリンを購入♪
(次の記事で写真を載せるね!)
それから「うさぎ舎」へ行って、「三川屋」にも入ったなぁ。



うさぎ舎

うさぎ舎(うさぎや)
店内は可愛いうさぎグッズがいっぱい(人´ω`*).☆.。.:*・゜
ネットやまっぷるで見た時絶対行こうと思ってたv




うさぎ舎

店外も色々可愛いvV




うさぎ舎

さるぼぼ(さるの赤ちゃん)に対してうさぎの赤ちゃんは「うぼぼ」って言うんだって!




酒俵の上に…

高山駅近くのお土産屋さんの前にあった酒俵の上に、見覚えのあるカラーリングの物体が…




ニャンコ先生!

こんなところにニャンコ先生!?
気持ち良さそうにお寝んねしてる…先生もお祭りを見に来たのかしら(* ´艸`)




さるぼぼ人形

次回はちょこっと夜祭~ヾ(๑╹◡╹)ノ"
夜は撮影が難しいねぇ;;
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment