★*・Flying Rose・*★

~ 薔薇の美と鳥の自由に憧れる日々 ~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレープ・アントワネット&マリー・アントワネット展

マリー・アントワネット展

2週間遅れのレポだけれど…
9日にお姉さまとマリー・アントワネット展に行ってきたの!
マリーちゃんは色々噂があるけれど;私は結構好きなんだよねぇ。

4日以来の六本木ヒルズ。
前回はクリスマスマーケットが目的だったけれど、今回は森アーツセンターギャラリーへ。




カフェクレープ:クレープ アントワネット

…と、その前に、「カフェクレープ」という名のクレープ屋さんで待ち合わせをして、
展覧会コラボメニューの「クレープ アントワネット」を頂いたよ~ヾ(*´∀`*)ノ
名前の通り華麗なクレープ!!フルーティーでとっても美味しかったvV
1日10食らしいけど…朝一だったから余裕でゲット出来たね(* ´艸`)
先にオーダーしておいてくださったお姉さまありがとう!!




カフェクレープ

流石ヒルズ!店内がオシャレ+゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+
ここもクジャ様に似合そうだなぁ///




カフェクレープ

時計もすごく素敵!!




カフェクレープ

ここは本当にクレープ屋さんなのだろうかと疑ってしまうような凝った内装。
クレープ=カジュアルなイメージという私の中の常識を覆したわ!
今度は大好きなバナナチョコクレープを食べに来たいなぁ(ノ´∀`*)


そうそう、美味しそうなクレープをさぁこれから食べようという時、
見計らったように仕事のメールが来てしまってねぇ…
しかも今やってる展覧会の会期延長のお知らせだったから、
読んだ後しばらく放心状態になってしまって…ヾ(´▽`;)ゝ
絵を描きながらゆっくり休む予定だったのになぁ。
でも、精神的には仕事してる方が良いから何とも言えない;
どんなに忙しくても仕事が詰まっている時の方が、
日々の生活にメリハリがあって生き生きしてる気がするんだ。
私の場合「好きなことを仕事にしているから」というのもあるのかもしれないけど。


さて、いよいよ森タワー52階で開催しているマリー・アントワネット展へ!
平日の昼間だというのになかなかの混み具合…
絵画だけではなくて、マリーの愛用品の数々や(日本の蒔絵まであったのには驚いた)
お部屋の再現など色々見ごたえのあるものが沢山で楽しかった♪




マリー・アントワネット展

撮影可能なお部屋もあったよ~


今回私が特に心魅かれたのは、マリー・アントワネット自身でも、
私と誕生日が同じグザヴィエ(マリーの息子)でもなく、
彼女の娘であるマリー=テレーズ・シャルロットだった。
少女時代の天使のような妖精のようなその可愛らしさに思わず胸がときめいて///



Madame Royale1




Adolf Ulrik Wertmüller - Queen Marie Antoinette of France and two of her Children Walking in The Park of Trianon - Google Art Project

う~ん…可愛い/// 聡明な雰囲気があるのも良いねぇ・:*(〃・ω・〃人)*:・
この子のポストカードが一枚も無かったのが残念><
フランス(現地)に行ったら手に入れることが出来るのかしら…?


フランスといえばねぇ…
とあるお姉さまは私のことをよく彼女の旦那さまにお話するらしいのだけど、
「フランス人形みたいだって言ったから、(旦那は)鷹月さんのこと金髪で青い目だと思ってるよ(笑)」
なんて冗談めいたことをつい先日言われたので、
こちらも冗談っぽくアリスの写真でも見せてみようかと企んでいる今日この頃(ノ∀`*)ノ彡☆


この後は原宿へ移動して、ラブリーなコリラックマカフェへv
次回へ続く!
関連記事

Comment

私も行ってきました♪ 

白夜さんこんばんは。メリークリスマス☆(笑)
ブログにコメントさせて頂くのはお久しぶりです~

マリー・アントワネット展、私も11月に素敵なミセスとデートで行ってきました♪
マリーのバスルームを再現したお部屋とか、グリーンの上品な天蓋付きベッドのお部屋とか素敵でしたよね。
私はプロジェクションマッピングを使ったマリーの図書室のお部屋が臨場感有って好きでした。
日本の漆器とかも綺麗でしたよね。
ヒルズのクレープ屋さん、青基調の重厚な調度がクジャさまにぴったり似合いそうですね~vv
クレープもゴージャスで美味しそう///

マリー・テレーズ、可愛いですよね~
肖像画を観ると本当に妖精のようなのに、あまり話題になりませんよね…ポスカも見たこと無いかも;;
でも少女時代は天使のようだった彼女も
人質交換で13歳の時にオーストリアに引き渡されたときには失語症のような状態になっていて、
その後は復讐のために戻った王女と言われたとか。
一番多感な時期に家族と引き離され牢獄の中で育ったのだから無理もない話ですよね…
個人的にはフローラに扮したデュ・バリー夫人の肖像画が凄く美しくて好きでした~
アントワネットの義妹のエリザベートも可愛かったなあvv

私が行ったときも平日なのに結構な混雑でしたが、白夜さんの時もまだ混雑中でしたかー
さすがアントワネットの人気は凄いですね~。
白夜さんと同じ展覧会に行っていたと思うと嬉しいです~!vv
  • posted by 小雨 
  • URL 
  • 2016.12/25 01:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

共通点が増えて嬉しいですv 

こんにちは!今更ですがメリクリでした~☆
お久しぶりのコメントありがとうございます///
新年を迎えてからのお返事失礼致します~><

マリー・アントワネット展、小雨ちゃんも素敵なミセスと行かれたのですね(*´ー`*人)
お部屋の再現は当時の生活様式を垣間見られてワクワクしますv
プロジェクションマッピング!魔法のようで私も見ていて楽しかったです!
日本の漆器には驚きました…
アントワネットが日本の物を愛して持っているなんて夢にも思わなかったので、
今まで以上に親近感が湧いて彼女を好きになりました///

ヒルズのクレープ屋さんはきっとクジャ様がオーナーなんだわ!!(違
コラボメニューのクレープ、ゴージャスなだけじゃなくて、味も美味しかったですv
他のメニューも色々食べてみたくなりました♪
機会がありましたら小雨ちゃんも是非(ノ´∀`*)

マリー・テレーズは肖像画を見て一目惚れしましたよ~///
そうそう、可愛いついでに彼女のことをざっと調べていたら、
軟禁されて発生異常になってしまったと知って悲しくなりました…"(σ・ω・`*)
それでも強く生きていた彼女に敬服します。
フローラに扮したデュ・バリー夫人、私も好きでした!!
肖像画を見ると、穏やかで可愛らしい人だったのかな~と想像しちゃいますねv

マダムで大混雑してましたよ~;;
私は何となく小雨ちゃんは行きそうだと思っておりました(* ´艸`)フフフ
  • posted by 白夜@管理人 
  • URL 
  • 2017.01/10 16:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

Byakuya

Author:Byakuya

鷹月白夜(Takatsuki Byakuya)

天野喜孝とhydeの世界観に憧れ、
自分も素敵な絵を描きたくて修行中!
妖艶耽美&可愛いものが大好きv
繊細で一途な夢追い人…

FF9のクジャ様が好きすぎて、
クジャ関係の作品が多いです///
美術館、博物館、寺社、各種イベント等、
色々外出した記録も綴ります。
食べ物も多いかも…(笑)
色々な物事に興味があるので、
種々雑多な内容になっております。

拍手やコメントはお気軽に♪
よろしくお願いします(*^-^*)

※「小鳥」=本館サイトの閲覧者の皆様。
クジャサイトゆえの愛情表現です///




FF9クジャアンソロジー 『The Feast of Death~死神の饗宴~』

↑FF9クジャアンソロジー企画
The Feast of Death~死神の饗宴~

Silver Rose

↑管理人本館サイト【Silver Rose】
FF9&DFFのクジャがメイン
妖しい絵とコス写真がいっぱいですv
よろしければご覧くださいませ(*´ー`*人)

Kuja's Little Birds

↑クジャ同盟【Kuja's Little Birds】
クジャ好きさんは是非ご参加くださいvV

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。