~ 薔薇の美と鳥の自由に憧れる日々 ~

迎賓館・赤坂離宮に行ってきた+α(*´ー`*人)

時の歯車を6月27日まで戻し、職場の某お姉さまとの初デートを綴るよ~(人´∀`*)
今回のお姉さまはNさんです!
…なんて冒頭で一応区別をつけておいた方がわかりやすいかしら?
文中では呼びやすさ&書きやすさから「お姉さま」としか呼ばないのでヾ(´▽`;)ゝ


発見してからずっと行ってみたくてたまらなかった表参道にあるデリカフェ・「FRANZE & EVANS LONDON
豆や黒米のサラダがベジタリアンなお姉さまにピッタリだと思い、お誘いして一緒に行くことに!!


FRANZE & EVANS LONDON

メニューは何種類かあるのだけど、今回は2種類のサラダ+1種類のキッシュのセット。
これだけですっごくお腹いっぱいになったので、ケーキは次回にお預け;
キッシュがあたたかくてやわらかくて幸せな味だった(n*´ω`*n)

初デートにして「お店選ぶの上手だね」って褒められた~///
東京のお店はそんなに詳しくないけれど;常に素敵なカフェの情報を仕入れているので、
当日はお姉さま方のハートを鷲掴みなのさ♪(* ´艸`)


ランチの後は、同じくずーーーっと行きたくてたまらなかった「迎賓館・赤坂離宮」へ!!
内閣府のHPをこまめにチェックしていた私に抜かりはなかった+.゚(*´∀`)b゚+.゚
デートの直前に6月は予約無しで見れるということを知り、思い切って当日突然切り出したらば、
お姉さまは快くOKしてくださったよ!
(私は多分きっと人を丸め込む誘うのが上手いのだと思う)

行き先が決まったところで早速表参道から四ツ谷へ移動。



迎賓館・赤坂離宮

しばらく歩くと、警備員さんに守られた立派な正門が見えてきてワクワクドキドキ(((o(*゚▽゚*)o)))
本館を見学する場合は、ここからではなく、西門から裏の方へ回り込まないといけないみたい。



迎賓館・赤坂離宮

この写真は後々門の内側から撮影したものだけど、まずは外観をちらりとお見せしたくて前倒しでご紹介♪

そうそう、「迎賓館」とは、文字通り外国の首相など大事な国のお客様をおもてなしする施設のこと。
宿泊や食事会は勿論、首脳会談や署名式、レセプションなど様々な公式行事が行われる。

前庭はいつでも予約無しで自由に入ることが出来るけれど、本館&主庭と、
それから今回も予約必須だったので見れなかった和風別館は、予約&観覧料が必要なので要注意(; ・`д・´)

室内は残念ながら撮影不可なのでさらっと感想だけ。
「彩鸞の間」「花鳥の間」「羽衣の間」「朝日の間(現在閉室中)」…と、どのお部屋も、
まるでヴェルサイユ宮殿にでもいるような錯覚に陥るほど煌びやかで華々しい。
白と金を基調とした装飾が本当に美しくて…・:*(〃・ω・〃人)*:・
ペガサスやスフィンクスがいたかと思えば、能面や武者鎧の装飾があったりと、
和洋折衷の不思議な空間だった!!
しかしこんなゴージャスな場所では、自分だったら落ち着いて食事なんて出来ないだろうなぁ;;




迎賓館・赤坂離宮

主庭の噴水のグリフォンがカッコ良すぎた///




迎賓館・赤坂離宮

前庭から見た本館は本当に西洋の宮殿のよう+゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+




迎賓館・赤坂離宮

屋根の上にもちゃっかり鎧があるΣ(´д`ノ)ノ
この感じ…この緑色…どこかで見たことあると思ったら東博の表慶館!!
そういえば同じ片山東熊の建造物だものねぇ。
奈良博もそうらしいので今度行った時にじっくり見てみよう。




迎賓館・赤坂離宮

本館の正面扉。
見学ではなく賓客として招かれた時はここから出入りするのかな?
元は徳川家の敷地だったというだけあって、名残りがあるねぇ。




迎賓館・赤坂離宮

そろそろリポーターか何かに転職すべき?(´・ω・`)ゝ”
私が頼む前にお姉さまが「撮ってあげようか?」と言ってくれるのがとてもありがたい///
お姉さまの方も自分を入れて撮るのが好きみたいなので、撮り合い出来てよかった☆



帰り際、アトレ四ツ谷の「PAUL」で一休みしつつお喋りタイム♪



PAUL タルト・フリュイ・ルージュ

タルト・フリュイ・ルージュ
4種類の赤い実のフルーツ(ラズベリー、ブラックベリー、レッドカラント、ブルーベリー)のタルト。
レッドカラントって初めて聞いたな~と思って調べてみたら、「赤スグリ」のことだったのね!
(…と言っても「スグリ」自体名前を聞いたことがある程度なのだけど;)
甘酸っぱくて美味し~い゚o(*^▽^*)o


この時Kちゃんと箱根旅行に行った話をしたら、
「今日のデートもそうだけど、『誘う』って勇気がいるのにすごいね~!」と感動されてしまった///
同じようなことを以前夢幻ちゃんにも言われたけれど…そ、そんなに大変なことなのかしら!?
「断られるのが怖い、嫌だ」という感覚は私には全く無くて、
「この人とここへ行きたい!」と思ったらとりあえず声をかける。
相手がもう行ってしまった後でも、知らなかった情報を手に入れられたりメリットは大きいd(。ゝω・´)

…だけどね、あまりにも自分から誘ってばかりだと、
「どうしてこの人は自分からは誘ってくれないのだろう?自ら誘うほどの関係ではないということ?」
と、だんだん疑心暗鬼になって不信感が生じてきてしまうんだ;
これは常に「誘う側」である人は、割り切らない限り誰しも一度は思い悩むことじゃないかな?
私だけ断られるかもしれないリスクを負うのは不公平だー!って考えちゃって(o´・ェ・`o)
(怖さを感じないならいいじゃないと思われるのは心外だわ…)

皆が皆私と同じような気持ちだとは言わないけど、「こういう気持ちも確かに存在する」というのを伝えたい。


6月分としての日記はこれで終了…かな。
この先はまたのんびり雑記&イラストになると思う(*´~`*)


銀竜便メルシー゚゚ヾ(*´∀`*)ノ 返信はお返事ページにてv
春に頂いたお手紙にも、今更ながら個別メールにてお返事しております///
関連記事

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment