menu

2020年賀 ~豊穣祈願~

2020年賀 ~豊穣祈願~

「実り多き年でありますように…」
毎日美味しいお米が食べられるように、ねずみ達は特大のおむすびを神様に奉納してお祈りします。
そのおむすびはねずみだけではとても持てない大きさなので、
毎年ねずみ達の投票によって選ばれる「姫」が、人の姿になって神様にお届けしているのだとか。

今回は「赤・白・黄」という配色にこだわってみました。
白はねずみと米の色。
赤は神社(鳥居)のイメージで、おめでたい色でもあり、白を際立たせる色。
黄はたくあんの色が目立つけれど;稲と、ねずみが大黒様の使いであることから小判(黄金)を連想させる色。

そして「おむすび」という言葉は単にお米のおむすびのことだけでなく、
「天と地を結ぶ」(上方のねずみが稲を捧げ持って祈るところ)、
「縁を結ぶ」(姫のしっぽがハート型にくるんとなっているところ)、
「縄を結ぶ」(今回の構図…縄フレーム(?)のこと)…と色々な所にかかっています(*^ー゚)b


------------------------------------------


あけましておめでとうございましたヾ(*´∀`*)ノ
年明け早々体調不良になったり家の雑事に追われていたりして…
サイト(ブログ)でのご挨拶が大分遅れてしまったけれど;何とか七草までに浮上出来て良かった!!

2020年…今年は人生の節目の年になるのかな?と自分では思ってる。
決断と実行と…それに伴う私の予言が成就する時…
とはいえ、一度に全てを叶えられるほど急に沢山時間が出来るとは思っていないので;
そうだな…少なくともクジャ画集だけは是が非でも…!!
既存のイラストをまとめるだけならすぐにでも出せるんだけどね、
ページ数を多めに、しかもほとんど描きおろしで考えているから、やたら時間がかかってしまって;;
それだけじゃない…
同時に天野クジャコスのことも諦められずにいるから、さらに時間が足りなくて;
何から手を付けて良いやらクジャ創作の森の奥深くで迷子になっている状態なのがいけないの><
クジャ神様…絵もコスも両方手を出してしまった愚かな私めをお許しください(´;ω;`)
きちんと順番を決めなくちゃ…
そして焦らないようにして、創作している間は悲しい思い出をどうにか押し殺して、
純粋な愛だけで作品を作りたい。
楽しみにしてくださっている方々をずっと待たせ続けてしまって;;
きっともう飽きられている、忘れられているに違いないと思いながらも、
痛み苦しむ胸の病と闘いながら、なぜ私はいまだに頑張ろうとするのか……?

それはやはり、「私の創作は誰かのためでなく自分のため」だからなのだと思う。
自分自身が満足出来るように、けじめをつけられるように、納得出来る形にしたい。
画集を作っても誰も手に取ってくれないかもしれない…
天野クジャコスを実現しても、誰も喜んでくれないかもしれない…
それでも、自分の中に一つの達成感が、やり遂げた、夢を叶えた満足感が残るならそれでいい。




ねずみの置物v

5日に例年通り、成田山新勝寺へ初詣に行ったよ!
おみくじは吉だったのだけど、色々と意味深なことが書いてある中で、
これまでに積み重ねてきた行動の結果は、善行も悪行も必ず将来にその形を現すものである
という言葉が心に響いた。
今ある全ては過去の自分の行動の結果…
良い悪いで判断出来ないことも、他人との繋がりも、自身の心の動きも、
何もかもが未来の自分に関わってくるのだと思うと、
もっと自分に厳しく生きる必要があるのかな?と身構えてしまう;

今年は神様へのお祈りが特に長くなってしまったよヾ(´▽`;)ゝ
頑張るための元気な身体がどうしてもほしい…痛みさえ無ければ行動出来るから。

写真は境内&参道のお店で購入したねずみの置物。
白ねずみの方はもう一目惚れv
さすが子年!可愛い置物が沢山あって迷ったのだけど、
小判がざっくざく~♪な構図と何より元気の良いポーズが力をくれそうな気がしたの///
紫ねずみは単に色が好みというのもあるけれど、風水で「成功・癒し」を表してるからいいな~ってv



干支羊羹

そして毎年「なごみの米屋」で購入している干支のひとくち羊羹!
大好きなあんこを食べながら、創作もサイト改装も頑張ろう(๑`・ᴗ・´๑)



最後に、昨年末にあたたかい銀竜便をありがとうございました(n*´ω`*n)
お年賀と共にお返事をお送りしたのでご確認くださいねv
銀竜便が届く度、サイトを続けていて良かったな~と心から思えるので、
改装後は「銀竜便」という名前ではなくなってしまうかもしれないけれど;
お気軽にお手紙を送って頂けたら嬉しいです///
サイトやブログはSNSのように流れゆく場ではなく、
容易に過去にも遡ることが出来るのんびりまったりした場所なので、
数か月ぶりでも数年ぶりでも、全然気にする必要なく楽しんで頂けるんじゃないかな?
小鳥たちがいつでも羽を休めることが出来るように、いつまでも現役のサイトであり続けたい……(o˘◡˘o)
関連記事

0Comments

There are no comments yet.